【無駄に長い文だよ。愛すべき馬鹿達に…

  • AUTHOR: // CATEGORY: facebook

    No Comments
    【無駄に長い文だよ。愛すべき馬鹿達に捧ぐ❤️】

    「馬鹿」

    それはいつかのどこかの王政制度の国のお話。
    馬を連れて来いと言った王様に対し、
    敵勢力側の家臣が鹿を連れてきた。

    王様「それ鹿だよね。絶対鹿だよね。」
    家臣「いいえ」
    王様「絶対鹿だし。」
    家臣「ではこれが鹿だと思うもの手を挙げよ」
    王様「えー?なんだしー?そこまで言うー?えっ?はぁー?えー?(ここまでつっぱられたら確かに珍しい馬なのかも・・・いやいや待てし。・・・ぇぇえぇどっちなんだろう。」
    とか思う馬鹿。

    敵の家臣は、
    ここで手を挙げた他の家臣を自分の勢力側では無いかどうかの基準にして、
    手を挙げたやつを処刑したとかしないとか。(諸説ありまくり。)

    そんな歴史ある言葉。

    今のこの時代。

    「馬鹿」と言う言葉は軽々しく用いられ、人を蔑み、罵り、疎む言葉として多く使われている。

    ・・・しかし貴方は知っているだろうか?

    「馬鹿」と言う言葉は
    時に壮大であり、輝きを放ち、偉大な言葉になり、誰かの誇りとなり得る事をッッ!

    =====================

    「右バカ」

    右にしか曲がれないバカによる徒歩の旅。

    そう・・・

    馬鹿である。

    ふと、家に居た仲良し達が思いついたらしい。
    皆何となくその気になって家を出た。
    あっという間に悲劇が訪れる。

    その時は気付いていなかったのだ・・・

    それぞれの温度差の違いに。
    (これってどんな時も確認大事!笑)

    あや(酒場がぶスタッフ)
    「良し!じゃぁ池袋行こう!」

    男達「え?」

    現在中浦和である。
    池袋まで普通に歩いて3〜4時間。

    テンション上がり過ぎて
    ムービーまで撮って投稿したのに、
    一回冷静になろうと言い出す男達。

    しかしもう考え始めたら
    即行動爆走娘の
    キラキラeyesに
    男達は
    エーデルワイスを合唱で歌いながら
    歩き始める事を決意するのだった。。。

    後半に続く・・・

    やっぱ書く。

    そんなこんなで(眠くなってきました)
    7時間ぐらいかけて来たこの子達。

    平均年齢アラサー。
    歩き疲れてるからすぐ酔っ払ってしまう。
    家の周りのつもりだったから半袖。
    ウクレレはなぜか持ってる。
    途中のトイレも左折禁止だからコンビニの中もぐるぐる回る。

    本当にお疲れ様でした。笑

    何でそんな事を?
    って思うんだけど、

    こんな事やろうって言って、強制でもなく、
    とりあえずやってみるかー

    ってなるこの

    「馬鹿で最高」

    な空気もそれはそれで良いかなぁって
    思うわけで。

    右バカに感謝と尊敬の念を込めて、
    なんかすごい事したみたいに書いてみました。

    最後まで読んでくれた皆さん。

    馬鹿だね(^^)

COMMENTS

0 Responses to 【無駄に長い文だよ。愛すべき馬鹿達に…

LEAVE A REPLY

FILL THE FIELDS TO LEAVE A REPLY. Your email address will not be published.